夏まで待てない!
クリアランスキャンペーン開催中!!【5/31まで】

あなたの知らない世界最大規模のダイビングイベント『DEMA Show』がわかる6つのコト

SHARE

今年も行ってまいりました。 『DEMA Show 2018 in LASVEGAS』
現地時間の11月14日~17日に開催され、多くの人でにぎわいました。

毎年アメリカで開催され、ここ最近では1年ごとにフロリダとラスベガスが交互に会場になっています。

それでは本題でもある通り、そもそもDEMA Showとはどういったものなのか。
そして私たちがなぜ毎年、遠く離れたアメリカの地までおもむいているのか。

そこにはみなさんにお届けしたいものや想いがあり、私たちの使命という言い方をすると大げさかもしれませんが、そんな想いを数回にわたって、お伝えさせていただけたら嬉しいです。


▼ 目次

  1. DEMA Showって何?
  2. 1977年から40年以上続く長い歴史
  3. 会場では各所で戦いがある
  4. 世界のトレンドをいち早くキャッチは洞察力?
  5. ブースでわかる?各社の成長度
  6. 日本との関わり

DEMA Showって何?


まずDEMA Showって言葉すら、なかなか耳にする機会が少ないと思います。
読み方は「デマショー」と言います。読んで字のとおりです。

DEMA(The Diving Equipment & Marketing Association)がプロデュースする、スキューバダイビング、マリンスポーツ、旅行業界で事業を行う企業にとって、世界盛大の卸売りのみのイベントです。
毎年、何百もの出展者と世界各地から数千のダイビングや旅行業界の専門家があつまります。

簡単にまとめると、「主にスキューバダイビングに関わる最新の器材や情報が各国からあつまる世界最大の展示会」です。

いちばんの魅力は、各メーカーから発表される「最新の器材」ではないでしょうか。
日本では未発売なものや、まだ見たことがないものが各社陳列されている画は爽快で心おどります。
今後、日本に入ってくるのが楽しみです。

世界にはまだ見ぬ面白いものや知られていないメーカーなどがあります。
各国のバイヤーがあつまる世界最大のイベントは知名度を上げるチャンスでもあるわけです。

そういったものがあつまる中で、どういうものなら楽しく遊んでもらえるだろう・・・はたまた、遊び方すら新しいものはないかなどを考えながら、私たちは目を光らせて探しています。

それではDEMA Showのことがわかったところで、少しだけDEMA Showの歴史を見てみましょう。

1977年から40年以上続く長い歴史

さかのぼること41年前、第一回目のDEMA Showが開催されました。
初開催の場所は、
「フロリダ州マイアミビーチシェラトンフォーアンバサダーホテル」から始まりました。

5年後の1982年からは大きな展示場に移し、規模も大きくなっていったのがうかがえます。

【開催場所年表】

1977年 Sheraton Four Ambassadors, Miami Beach, FL
1978年 Bal Harbour Americana, Miami Beach, FL
1979年 Grand Hotel, New Orleans, LA
1980年 Marriott Hotel, New Orleans, LA , January 19-22
1981年 Las Vegas Hilton Hotel, Las Vegas, NV, January 17-20
1982年 San Antonio Convention Center, San Antonio, TX, January 23-26
1983年 Las Vegas Convention Center , Las Vegas, NV, January 20-23
1984年 Rivergate Convention Center, New Orleans, LA , January 14-17
1985年 Las Vegas Hilton, Las Vegas, NV, January 31-February 3
1986年 Orange County Convention Civic Center, Orlando, Florida, January 16-19
1987年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, January 22-25
1988年 New Orleans Convention Center, New Orleans, LA, January 28-31
1989年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, January 26-29
1990年 Orange County Convention Center, Orlando, Florida, January 18-21
1991年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, February 7-10
1992年 George R. Brown Convention Center, Houston, TX, January 16-19
1993年 Orange County Convention Center, Orlando, Florida, January 21-24
1994年 New Orleans Convention Center, New Orleans, LA, January 13-16
1995年 Moscone Center, San Francisco, CA, January 26-29
1996年 Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, LA, January 18-21
1997年 Orange County Convention Center, Orlando, Florida, January 8-12
1998年 Anaheim Convention Center & Anaheim Marriott, Anaheim, CA, January 28-31
1999年 Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, LA, January 13-16
2000年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, January 18-21
2001年 Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, January 24-27
2002年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, October 23-26
2003年 Miami Beach Convention Center, Miami, Florida, October 8-11
2004年 George R. Brown Convention Center, Houston, TX, October 13-16
2005年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, October 4-7
2006年 Orange County Convention Center, Orlando, Florida , November 8-11
2007年 Orange County Convention Center, Orlando, Florida, October 31-November 3
2008年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, October 22-25
2009年 Orange County Convention Center, Orlando, Florida, October 20-23
2010年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, November 17-20
2011年 Orange County Convention Center, Orlando, Florida, November 2-5
2012年 Sands Expo Convention Center, Las Vegas, NV, November 14-17
2013年 Orange County Convention Center, Orlando, FL, November 6-9
2014年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, November 19-22
2015年 Orange County Convention Center, Orlando, FL, November 4-7
2016年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, November 16-19
2017年 Orange County Convention Center, Orlando, FL, November 1-4
2018年 Las Vegas Convention Center, Las Vegas, NV, November 14-17

このように40年以上、一年も欠かすことなく毎年開催されているDEMA Showは業界における重要なイベントにまで成長したのはまちがいないでしょう。

さらに詳しく見てみると、昔は1月に開催されていたのに、2002年からは10月になり11月になりと、年始めに開催されていたのが、年終わりの方へ開催時期が変わっていっています。

実際に行ってみて感じたのですが、11月中旬のラスベガスはけっこう寒かったです。
1月だとさらに寒いでしょうから、11月開催になって良かったと勝手ながら思いました。

さて、歴史もふりかえり、ダイビング業界にとっての位置づけがわかったところで、
実際、会場ではどんなことが行われているのでしょう。

会場では各所で戦いがある

卸売りのみの世界最大のイベントだと言いましたが、実際会場では何が行われているのかが気になるところだと思います。

数百をこえる出展者と業界関係者が交渉する場です。言いきりました。
一般の方は入場できないのですが、私たちのような専門家の人たちが自分のところで扱いたいものなどを求め、各ブースに足を運び、製品説明を聞き、吟味するわけです。

そこには世界中の人たちがあつまり、ライバルでもあるわけで、静かなる戦いがくりひろげられています。
実際、ブース内では交渉の打合せをしているのがたくさん見うけられます。

契約の内容によっては、他社で取り扱えないようなものもあり、タッチ差で欲しかったものが手に入らなかったなんてこともあるのです。

長い時間をかけて吟味したいのに、このようなことを防ぐためにもスピーディに動かなければ!という私たちの中での葛藤との戦いでもあります。

こうしたやりとりが40年以上も前からくりひろげられていたのでしょう。まさに戦いの歴史と言っても過言ではありません。

良い製品がたくさんある中から、どのように選んで決断していったら良いのでしょうか?

世界のトレンドをいち早くキャッチは洞察力?


私たちはこの業界の専門家です。
常に新しいものや情報には目を光らせ、聞き耳を立てています。

しかし、それは日本国内のことが多く、海外の情勢にもアンテナをはっていますが、なかなか生の情報を体感する機会はそう多くありません。
世界各地から数百の出展者があつまるこのイベントは、そういった意味ではまとめて自分の目で見て触れて情報を手にする大きなチャンスです。

そんな中、毎年その年のトレンドみたいなものがあります。
これは毎年DEMA Showに行っている私たちだから感じられることなのかもしれません。

これを見分けるのは常に情報に目を光らせてきた職人の「洞察力」ということ。
実際に私たちのバイヤー担当者から、トレンドやなんとなくこれがくるというのがこの会場で感じ、わかるという話を聞いています。

トレンドやその他面白いものはこういった職人の目利きによって、日本でも発売されたり遊んだりできるようになるのですね。

ブースでわかる?各社の成長度

ちょっと余談になるかもしれませんが・・・
毎年会場に足を踏みいれると、新規でブースを構えている会社と今年もいるな~と思う常連さんたちのブースがあります。

会場にはブースの大きさによってブース価格が設定されており、好スペースや大きいブースになるほど注目度などが変わってきます。

このブースを見ていると意外と面白い。
例えば、「去年すごく小さいブースだったのに今年は倍くらいで出展してる!」だったり、「いつも大きいブースで構えてたのに今年はちょっと小さくなった?」などが見てとれるのだ。

言い方が少し乱暴になってしまうかもしれないが、あまり名も知らなかった小さいブースで出展していた会社がかなり大きいブースになっていたりすると、去年のDEMA Showで成功して会社が大きくなったのかなと勘ぐらずにはいられないのです。

まさに、アメリカンドリームが目の前に!な状況も夢ではないと勝手に妄想しているのが少し楽しい。

その会社の方針によってブースの大小は年によって違ったり、ブースの変化によって会社の情勢がそのまま当てはまるかはわからないですが、とはいえ取引きをする身分としては少し気になるところです。

毎年このブースの変化は密かな楽しみになっています。
さて、ブースについて語ったところで、日本の企業はどうなのでしょうか?

日本との関わり

日本国内だとそれほど知られていないDEMA Showなので、日本とそこまで関わりはないんじゃないの?と、思っていませんか。
いえいえ、世界最大規模のこのイベントに、じつは日本からも毎年のように出展しており世界と戦っている方たちがいます。

【今回の出展者】
「Umi Umi株式会社」
「株式会社キヌガワ」
「株式会社サン・アンド・アドベンチャーFun Azul Fleet」
「シーアンドシー・サンパック株式会社」
「株式会社トータス」
「株式会社フィッシュアイ」
「株式会社モビーディック」
「山本化学工業株式会社」

常連で出展している会社もあれば、以前は出展していたのに見合わせたり、ここ最近出展しはじめた会社など入れ替わりたちかわりではあると思いますが、日本の企業の方たちが会場にはいらっしゃいます。

日本ではまだまだDEMA Showでの活躍の報告が少なく、みなさんが目にとまることが少ないのですが、今後とも日本の企業には頑張ってもらいたいと応援しています。

とはいえ、まだまだ存在自体やこのように出展していることを知らなかったりするので、私たちはその情報を発信して、これからのダイビングやマリンスポーツの楽しい未来を待ちわびたいところです。

まとめ

まだまだ日本ではその実態が知られていない「DEMA Show」ではありますが、日本の企業も参加している世界最大規模のイベントです。

歴史も長く、世界最先端の情報や製品のやりとりがされてきたこの現場から、毎年日本へのかけ橋になるべく、ダイビングやマリンスポーツをもっと楽しんでもらえるものをご紹介できたらと思っています。

会場の広さを体感したい方はこちらのAQROS facebook動画もご覧ください。


この他の「DEMA Show」に関する記事

SHARE