養殖ワカメ収穫開始

鳥取県のぜんざい
SHARE

こんにちは。
鳥取福部の海女の今嶋です。

2019年最初のブログです。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます!

私の地元名古屋では、お雑煮と言えば醤油ベースのすまし汁に、お餅と「餅菜」と呼ばれる小松菜のような葉菜が入ります。

ここ、鳥取東部の我が家のお雑煮は!

鳥取県のぜんざい

ぜんざいじゃん!って思いましたが、これが「お雑煮」だそうです。
いや、「ぜんざい」なんですけどね。
意外とお屠蘇やお節に合うので、今ではすっかりお気に入りです。

さて、年末から育ち始めた養殖ワカメですが、順調に成長し、年が明けてから2回ほど収穫しました。

葉が小さくて柔らかい今の時期は「ヤングリーフワカメ」と称して競りに出したり、袋詰めで小売したりしています。

鳥取のヤングリーフ

鳥取のワカメ

2回目の収穫時には大きめなワカメもありました。
大きく育ったワカメの茎もまた美味です。
湯通しすると鮮やかなグリーン!

茎ワカメ
グリーンの茎

そして佃煮に♪

佃煮写真

最高に美味でした。

それから、こちらはワカメ加工を個人的に実験中。
リケジョの血が騒ぎます。

今年は1月にしては暖かいですね。
雪も全然降りません。
でも、明日(ブログを書いてるのは1/25)から大雪予報になってます。

寒さや大雪は大変ですが、海の生物はじめ、自然のサイクルで生きているものにとっては、恵みの雪となるのでしょうか。

今回の寒波は、太平洋側にも雪を降らすかもしれないというニュースも聞きました。
みなさま、お気を付けくださいませ。

SHARE

愛知県出身鳥取県在住。
2005年に鳥取に嫁ぎ、会社員、専業主婦を経て海女になりました。
「水の中の方が機敏」
と言われるぐらい水の中が好きなので、海女の仕事をしながら水中の楽しさが伝われば嬉しいです。