アクロスさんで聞こえてきたお話

SHARE

こんにちは!岩間でございます。
今回、アクロス池袋店さんへ買い物しに行ったときに耳に入ってきたお話。
イルカを撮影したい!とのお客様がいらしてました。
そこでちょっと思いつきましたので私がイルカを撮影するときについてお話しようと思います。
今回のお話はタンクを付けずにスノーケリング(素潜り)です。

フィン(足ヒレ)


実は私はフィンフェチ(笑)なので何本もコレクションしております!
そんな中でもイルカ撮影に適しているのがロングフィンのプラ、もしくはカーボン素材です。
ロングフィンの方がしなって推進力が高いですね。
あと、ラバーよりも軽い素材を使用することで水面待機時、浮上時に少しでも体の負担を少なくします。
もちろん、お体、脚力にあったものを選択してくださいね!

かかと部分


もちろん、フルフットタイプがオススメです。
素足でフィンを操作するほうが思い通りにフィンキックができます。
ただ、デッキの上などでは滑って危険なのでブーツタイプも安心できますね。
通常は写真1のタイプが多いとは思いますが、写真2を購入しストラップ部分を交換、改造してフィンの脱着をスムーズにしましょう!

マイフィン!


このような目印は結構、重要です。盗難防止にもなりますがまずは自分のフィンがどこにあるかすぐに見分けを付けることができます。
なので、おもいっきりデコっちゃいましょ♪

曇り止め


おじさんあるある、だと思いますが昔はこんな便利なものがありませんでした。。。
最近は衛生面も含めてあったほうがいいです!曇り止め!せっかく、水中でイルカに遭遇してもマスクが曇っていたらなんの意味もないし、安全確保のためにも視界はしっかりと確保しましょう!

あったらいいなアイテム


写真3、4の様なパーカー類!フードは絶対にあったほうがいいです。
しかし、、、安いなぁ(笑)
着たまま水に飛び込んでもいいですし、日焼け防止にもなります。


上の写真5についてですが、これはもちろん、ダイビングに使用してます。かなり便利です!
私の場合、ポケットにはいつもバックアップ用の機材を入れてありますがちょっとしたものを収納しておくにはとても便利です。
でも【非】防水の物は入れないでくださいね(^ ^)
携帯電話とか(笑)

買い替えましょう


アイテムは買い替えましょ(笑)。
事実、15年以上、マスクを買い替えていませんでした。シリコンのスカート部分が硬化して、、、痛いのなんの。。新商品、見やすいもの、色がついているもの等、楽しく選べます。
結果、同種の某社のマンティス!同じもの?を買いました(笑)
一途(いちず)なんです!

ご参考まで、ぜひご覧ください!

ありがとうございます!
岩間

SHARE