お久しぶりです。又は初めまして福部海女の真田丸です。

SHARE

どうも、久しぶりの投稿をします。鳥取福部で海女をしている真田丸です。

実はここ2年間、出産&育児と海をお休みしていましたが、子どもも一歳を過ぎ保育園に行くことになったので、春から仕事に戻りました。

しかし、世間はコロナ禍という未だに先の見えない不安な状態ですね。

実際に漁師さんの話を聞いていると、魚も価格が下がっているようです。※魚種にもよりますが

都心を中心に、飲食店などダメージが大きいとよくニュースで見ます。

コロナ感染者の少ない鳥取なら被害も少ないんじゃないかと思ってしまいそうですが ←思ってました(; ・д・)、実際に自粛をしている人が多いので、結局は感染者の数は関係なく売上は下がっているようです。

考えてみれば、感染者ゼロの時でも身近な人たちも結構控えてました。(そして、気づけばクラスター発生、感染者が増える…)

もちろん、飲食店だけではありません。飲食店で扱われてた魚や野菜も当然売れないわけですし、更に都心への配送も激減しているため漁業、農業者、それ以外の職業の方も大変な思いをしています。

最近の話だと、鯛が安く半値以下。ひどい日は三分の一以下だそうです(;´・ω・)

なんせ「めでたい」ことが少なくなっており、結婚式も激減、お祝い事があまりないんじゃないかと言ってました。※漁師談

魚が安過ぎると、油代や氷、箱代で赤字になることもあるそうです。苦労して赤字、恐ろしい世界ですね。

 

そんな中、自分自身やることはかわらずとも収入の減る不安はありますが、じっとしているわけにはいきません。

別のアルバイトをしても、最終的には細く長く海の仕事を続けたいと思っているので、なんとか継続するのみです。

そして、やはり感染対策と周りの人との支えあいを大切にして、いつかコロナが終わる日を待とうと思います。

早く終わって子どもといろんな処に行きたい!(;^ω^)

SHARE