ドライスーツ

ドライスーツのイメージ01

drysuits01秋海・冬海 ドライスーツのすすめ

ドライスーツのイメージ02

透明度アップ
夏には見れない生物が見れる
水中撮影がし易い、良い画が撮れる
人が少ない
来年までスキルをサビつかせない
スキルアップ
飯が美味い
温泉が気持ちいい
紅葉がキレイ

drysuits02ドライスーツとは

ドライスーツとは中に水が入らないスーツの事です。
手首と首部分は密着性と伸縮性の高いスキン生地で水の浸入を防ぎ、足首部分はスーツ本体と接着され一体化しているので水が完全に入らない仕組みになっています。
ドライスーツの中には保温性と速乾性の高いインナーを着用することで低水温地域でもダイビングができます。
通常ドライスーツの生地の厚さは3.5mmですが、5mmや1mm(シェル生地)などがあります。

ドライスーツのイメージ03

drysuits03ドライスーツ シーズナリティー

北海道、東北、北陸甲信越の地図

北海道、東北、北陸甲信越

春・夏・秋・冬 (4シーズン)
1月~12月

関東、東海、近畿、中国、四国、九州の地図

関東、東海、近畿、中国、四国、九州

春・秋・冬 (3シーズン)
1月~6月中旬、9月中旬~12月

drysuits04ドライスーツメリット

  1. 100%ドライ(濡れない)

  2. 保温・防寒

    • ・インナーで調節可能なのでシーズナリティーが長い
    • ・水着になる必要がなく、着替えが楽チン
    • ・インターバル中も寒くない
  3. 疲れにくい

    • ・体力の消耗を抑えます
    • ・ダイビング後のドライブでも眠くなりにくい

「快適」の極みですね。ドライスーツじゃないと潜れない! ってなダイバーが続々増えてます。
アフターダイブまで楽しめるからドライスーツが選ばれています。

drysuits05種類・選び方

種類

ワールドダイブのネオプレーンドライスーツ

ネオプレーンスーツ

ウエットスーツと同様のネオプレーン生地を使用したドライスーツ。
裏生地を保温性の高い起毛素材にもできます。

モビーのシェルドライスーツ

シェルスーツ

ナイロン、ポリエステル等の繊維質の両面にゴム等の防水性の高い生地を張り合わせたドライスーツ。
強度や耐久性に優れた素材を使用し軽量でコンパクトです。

選び方

①耐久性重視アグレッシブなダイバーにおすすめ

  • ワールドダイブのドライスーツMDR7

    MDR7 – World Dive

  • モビーのドライスーツ-クロコドライ

    CROCO DRY – MOBBY'S

  • ゼロのドライスーツ匠

    LEGEND 3 匠 – ZERO

②COOLなデザイン水陸共にカッコよく目立ちたいダイバーにおすすめ

  • ワールドダイブのドライスーツDCD8R

    DCD8R – World Dive

  • モビーのドライスーツ-スラッシュドライ

    SLASH DRY – MOBBY'S

  • ゼロのドライスーツ技

    EXPLORER 3 技 – ZERO

③レディース専用Cuteなデザインで保温もしっかりしたい女性ダイバーにおすすめ

  • ワールドダイブのドライスーツDCD4

    DCD4 – World Dive

  • モビーのドライスーツ-クイーンクラッシードライ

    QUEEN CLASSY DRY – MOBBY'S

  • モビーのドライスーツ-クイーンクルーズドライ

    QUEEN CRUISE DRY – MOBBY'S

④動きやすさ重視アクティブに動くダイバーにおすすめ

  • モビーのドライスーツ-T4ムーヴァードライ

    T4 MOVER DRY – MOBBY'S

  • サンファンのドライスーツ-ロフォーテン

    Lofoten – SunFan

  • サンファンのドライスーツ-オルダ

    Orda – SunFan

⑤軽量・丈夫なシェルドライダイビングスタイルの幅広いダイバーにおすすめ

  • モビーのドライスーツ-T4シェルHD

    T4 SHELL HD – MOBBY'S

  • ツサのドライスーツ-D1

    D1 – TUSA

  • アクアラングのドライスーツ-フュージョンバレット

    Fusion Bullet – AQUALUNG

drysuits06着方・保管方法

着方

  1. 1

    ドライスーツの着方01

    足を入れる

  2. 2

    ドライスーツの着方02

    サスペンダーを肩に掛ける

  3. 3

    ドライスーツの着方03

    爪を立てない様に両手首を通す

  4. 4

    ドライスーツの着方04

    爪を立てない様に頭からかぶる

  5. 5

    ドライスーツの着方05

    首のシール部を半分くらい内側に織り込む

  6. 6

    ドライスーツの着方06

    バディーにファスナーを締めてもらう

保管方法

ドライスーツハンガーに掛け、ファスナーを開けた状態で保管します。

[ドライスーツハンガー]

ドライスーツハンガーの使い方01 ドライスーツハンガーの使い方02
丸のマーク

ドライスーツ専用ハンガーに掛けておけば首部分の織シワもできにくく、型崩れの心配もありません。
ハンガーを曲げて肩幅のサイズ調整もできるので長く使用ができます。

ドライスーツ用ハンガー

[普通のハンガー]

ドライスーツハンガーの使い方03 ドライスーツハンガーの使い方04
バツのマーク

浸水の原因になる織シワができやすく、生地も傷めやすくなります。

drysuits07インナーとアクセサリー

「インナー」
吸水性がある綿、レーヨン素材、トレーナーは浮力が増してしまい多くのウエイトが必要になります。
また、水分を含むため体温が奪われ寒くなってしまいます。
汗などの水分を吸収しても保温性を保てるドライスーツ専用インナーを着用して快適なダイビングをしましょう。
「ドライスーツ専用インナー」
ドライスーツ専用インナーは透湿性、撥水性、保温性、ストレッチ性に優れています。
表面は水分をはじいて風を通さず、裏面は湿気を外に逃がすので汗をかいても中はサラサラで暖かさを保ちます。
また、スムーズな着脱が出来る様な加工を施しているので、動きやすさと快適性を兼ね備えています。
  • ドライスーツ インナー サーマルボディスムーサー

    Thermal Body Smoother – WorldDive

  • ドライスーツ インナー ボディ・ヒート・ガード

    Body Heat Guard – WorldDive

  • モビー ドライスーツ インナー コンフォートスキン

    COMFORT SKIN – MOBBY'S

  • モビー ドライスーツ インナー コンフォート プライム

    COMFORT PRIME – MOBBY'S

  • ゼロ ドライスーツ インナー IW-2200

    IW-2200 – ZERO

  • サンファン ドライスーツ インナー ヒートネオ

    HEAT NEO – SunFan

  • ドライスーツ インナー サーマルフュージョンインナースーツ

    Thermal Fusion – AQUALUNG

  • ドライスーツ インナー サーマルフュージョンインナースーツ

    Halo3D – Fourth Element

  • ドライスーツ インナー ワームテック

    WARMTEC HD – TUSA

「アクセサリー」

  1. ドライスーツ フード

    ① フード

    血行量の多い頭は最も体温が奪われやすく、ドライスーツを着ていても暖かさが半減してしまいます。
    フードは保温効果UPに欠かせないアイテムです。

    ONLINE STORE
  2. ドライスーツ グローブ

    ② グローブ

    手がかじかむのは、寒さで血管が縮まるのが原因です。
    指先が動かないとインフレーターやドライスーツの吸排気の操作、カメラの操作まで鈍ってしまうのでウィンターグローブを着用しましょう。

    ONLINE STORE
  3. ドライスーツ アンクルウェイト

    ③ アンクルウエイト

    ドライスーツは首から足の先まで一体化しています。
    ドライスーツ内の空気は基本、腕から排気します。
    足には空気が溜まり易く、意図しない足からの浮上を防止するためにアンクルウェイトを着用します。

    ONLINE STORE
  4. ドライスーツ ハンガー

    ④ ドライスーツハンガー

    スーツ内への水の浸入を防ぐには首、手首、ファスナー部分が重要となります。
    首、手首の生地に織ジワが付かないように、ファスナーが折れ曲がらないように専用のハンガーに掛けて保存しましょう。

    ONLINE STORE
  5. ドライスーツ バッグ

    ⑤ ドライスーツバック

    首、手首、ファスナー、バルブ部分のダメージは水没の原因になってしまいます。
    移動中のスーツへのダメージを防ぐために専用のバックに入れて持ち運びましょう。

    ONLINE STORE
  6. ドライスーツ ウェイトベスト

    ⑥ ウエイトベスト

    ウエイト量が多くなるドライスーツでは腰に負担が掛かります、重さを分散させる為に使用します。

  7. ドライスーツ メンテナンス

    ⑦ ファスナーメンテナンス

    ファスナーの動きをスムーズにしたり、ヒビや錆び等を防止するメンテナンスアイテムです。

    ジップテック ジップケア

drysuits08修理・メンテナンス・クリーニング

オーバーホール

吸気・排気・リストバルブのオーバーホールは、ダイビング本数100本。または、使用頻度にかかわらず1年に1回を目安にされることをお勧めします。

こんな修理できますよ

  • ・ゆるい、きつい場合のサイズお直し
  • ・ピンホール等の水漏れ修理
  • ・糸のほつれ、生地の劣化などで破れた場合のパーツ交換および修理
  • ・ネックシール、リストシールの交換

「ドライスーツクリーニング 受け付けています」

  1. ①シャンプー(洗浄)
  2. ②リンス(柔軟)
  3. ③ファスナーケア(潤滑化)

手洗いクリーニングできれいにリフレッシュ!!!

修理・メンテナンス・クリーニングの際は
各実店舗までお持込下さい。
ドライスーツクリーニング

drysuits09取り扱いメーカー

  • MOBBY'S
  • World Dive
  • SunFan
  • ZERO
  • WATER PROOF
  • BREAKER OUT
  • AQUALUNG
  • TUSA
  • SAS
  • Bism
  • apollo
  • DIVE RITE
Hele i waho 国産ドライスーツフルオーダーの画像
SHARE