大雨後の猛暑

SHARE

こんにちは。鳥取福部の海女の今嶋です。

前回のブログで、大雨に触れて「ご安全に」と締めたのですが、その後、とても大きな災害となってしまいましたね。

被害に遭われた方、ご無事でも不便な暮らしを強いられている方、たくさんいらっしゃることを思うと、とても胸が痛みます。
一日も早い復興をお祈り申し上げます。

鳥取はというと、人的被害はなく、建物も浸水はあったものの大きな被害は無かったようです。

海はどうなったか?

鳥取県 大雨の後の港

これ、お隣の大きな港なのですが、川から流れてきた木屑などで覆いつくされています。
山と海が繋がっていることがよく分かりますね。

海開きを前に、海岸では毎年、町民による清掃が行われます。
今年は木くずがいっぱい。

海開き前の町民による清掃

町民による清掃後の海岸

かなりきれいになりましたが、砂浜に木屑が埋もれていて、掘っても掘っても出てきます。

裸足で砂浜を走るのは気持ちが良いけど、木屑だけでなく、漂着ゴミや投棄されたゴミでのケガが怖い!
海遊びの時は、お気をつけ下さい。

雨が去ったあとは、一転して連日の猛暑ですね。
今度は熱中症に注意しないと‥

「海の中は2ヶ月遅れ」と言われていますが、外が暑すぎるせいか、海の表面は温いぐらいです。
かなり暑いので、ウエットスーツも衣替えしました。

ヘレイワホのウェットスーツに衣替え

もっと薄いウエットスーツでも良いと思うぐらい、今年は海水が温かいです。

そろそろ夏休みも始まり、海遊び本番ですね。
仕事で海に入っていますが、海水浴も大好きです。
海岸で、寄せる波と戯れるだけで、無条件に楽しいのは何でしょうね。
小学生の我が娘たち、泳ぐのはさほど得意ではありませんが、海で遊ぶのが大好きです。
今年の夏も、仕事だけでなく海遊びを楽しみたいです♪

SHARE

愛知県出身鳥取県在住。
2005年に鳥取に嫁ぎ、会社員、専業主婦を経て海女になりました。
「水の中の方が機敏」
と言われるぐらい水の中が好きなので、海女の仕事をしながら水中の楽しさが伝われば嬉しいです。