天敵はわかめ

SHARE

こんにちは!
二回目になる投稿をします、真田です。

梅雨の季節になりました。
雨だと休みだよね?とよく聞かれますが結局潜れば濡れるため、雨は関係なく波や風がなければどんどん潜っております。
意外と穏やかな雨の日は、普段とはまた違った空気の感じが気持ちがいいです。
雨の日にわざわざ海に行こうと普段は思わないので、貴重な体験をしている気分です。



そして、鳥取は6月1日からカキが解禁になりました!

私も海女として、もちろん鳥取のブランド牡蠣『夏輝』を獲ってます。
一年の中で一番の稼ぎ時ですね♪

貝類、海藻類は漁業権がないと獲れませんのでご注意を!ですが、そんな牡蠣の獲り方を少し紹介します。
トンカチと金具?がついた道具でカンカンと叩いて私は獲りますが、人によっては道具が違います。決まりはありませんが、地域性や最初の師匠になる方の影響を受けることが多いと思います。(私は地元の鉄工所の方に頑張れよと手作りしてもらったものを頂きました。ありがたいです)

獲ることが仕事なので、たくさん獲りたいのですがこの時期、意外と見つけずらくとても大変です。
それが、なぜかというと「ワカメ」が邪魔をするのです。
この時期、岩場近くを潜られる方は見たことがあるかもしれませんが、人の身長くらい伸び切って先の枯れたワカメがびっしりとあたり一面を覆い隠しています。
上から見ただけでは牡蠣が見えません。
そして、揺ら揺らとしているワカメをみていると、酔いやすくなります。
慣れるまでは、すぐに酔って大変でした。
もう少し水温が上がれば、ワカメは流されて消えていくので、それまでの我慢です。頑張ります。

鳥取に来られる際には是非、夏しか食べられない牡蠣をご賞味あれ!

SHARE

鳥取出身鳥取在住。
大好きな鳥取県の人情溢れる福部漁協組合にて2017年より海女をしています。
お寿司と梅酒とマツコさん好きです。
海女という仕事を通して海の魅力を伝えられたらと思います。