「ウエイトベルト」にちょい足し、Dリングをプラスで吊るし収納に

SHARE

ちょい足しアイテム

「ウエイトベルト」にちょい足し、Dリングをプラスで吊るし収納に

ちょい足しすることで、本来の用途と異なることに使用できたり、便利な機能が追加されたり、元の製品の性能を更に引き立てる、そんな名脇役をご紹介。

用途に合わせて数も位置も自由に「吊るし収納」が増やせる

ウエイトベルトに付けるものと言えばウエイトですが、ウエイトだけでなくもっと他に活用できたら良いと思いませんか?

今回は、このウエイトベルトにもう一品プラスするだけで、吊るし収納を追加できるちょい足しカスタムをご紹介します。
ちょい足しするアイテムは「The StandardのDリング」。

BCDのリングだけでは足りず、もう少し引っ掛ける場所が欲しいと不満を感じた時に、Dリングをウエイトベルトに好きな数だけ足して、小物を吊るすことができます。
位置も自由に変えられるので、用途に合わせたアレンジができるのも嬉しいポイント!

ダイビング以外では、スキンダイビング(素潜り)や、スピアフィッシング(魚突き)にもおすすめ!水中ライトやナイフ等、必要なアイテムを身に着ければ、ハンズフリーで楽しむことができます。

ウエイトベルトを所持しているなら、1つはDリングを持っていて損はありません。

カスタマイズ手順

  1. 1.Dリングとウエイトキーパーを用意します。錆びにくく、強度が高いステンレス製がおすすめです。
  2. 2.3.4.ウエイトキーパーにベルトを通し、Dリングを固定させます。
  3. 5.Dリングをお好みの位置に固定したら完成です。
  4. 6.使用しない時は、Dリングを倒しておくことができます。
  5. 7.ウエイトキーパーを使用せず、ウエイトに直接Dリングを固定することも可能です。

ウエイトベルトにDリングをプラスするという、ちょっとした一工夫でぶら下げ収納を可能にした、今回のちょい足しカスタム。
BCDにリングが少ない場合や、手持ちのアイテムが増えてきた時に力を発揮してくれますよ!※視認性確保のため撮影上ベルトを折り込んでいますが、使用する際はクイックリリース出来るように折り込まずに使用しましょう。

SHARE