「レギュレーター」にちょい足し、ネックレギュレーターホルダーをプラスで見失い防止に

SHARE

ちょい足しアイテム

「レギュレーター」にちょい足し、ネックレギュレーターホルダーをプラスで見失い防止に

ちょい足しすることで、本来の用途と異なることに使用できたり、便利な機能が追加されたり、元の製品の性能を更に引き立てる、そんな名脇役をご紹介。

レギュレーターをいつも決まった位置に

ダイビングで一番重要なギアと言っても過言ではないレギュレーター。
口にくわえていない時、ブラブラさせていませんか?
エントリー直前になって、慌ててレギュレーターを探してる姿を、たまに目にすることがあります。

今回は、レギュレーターにもう一品プラスするだけで、見失いとブラブラを解消する一石二鳥な、ちょい足しカスタムをご紹介します。
ちょい足しするアイテムは「The Standard ネックレギュレーターホルダー」。

首から下げたネックレギュレーターホルダーに2ndステージを固定すれば、レギュレーターを常に胸元近くにキープすることができます。

これによりエントリー直前に慌てて探すこともありませんし、エキジット後も引きずったり、ぶつけたりすることがなくなります。
万が一、水中で口から外れてしまった場合も、これなら落ち着いてリカバリーできますね。

オクトパスにも同様に使えますので、1つ持っておくとかなり快適です。

カスタマイズ手順

  1. 1.ネックレギュレーターホルダーを首にかけます。
  2. 2.ネックレギュレーターホルダーの穴にマウスピースを入れて固定します。
  3. 3.首にかけたままレギュレーターをくわえて呼吸ができます。
  4. 4.レギュレーターではなく、オクトパスを付けておくのもおすすめです。

今回のちょい足しカスタムは、ダイビング器材を揃えたばかりの「ビギナー」におすすめしたいカスタマイズです。
レギュレーターが常に決まった位置の胸元にあることで気持ちに余裕が生まれるので、いつも以上にゆとりをもってダイビングが楽しめるはずです!

SHARE